あなたが出来ないのは、あなたのせいなのです

僕たちの脳は、自分が思った通りになるようにできています。

だから、「できない」と思えばできませんし、「できる」と思えばできてしまうもの。

もちろん、全てがそうだという訳ではありませんが、自分の限界を自分で決めてしまっていることが実に多いんですね。

こんな経験はありませんか?

大好きなアイドルのテレビ番組を見たいとしましょう。

学校や会社から「早く帰りたい」と思いますよね。

どうしてもそのテレビ番組を見たければ、見るための方法を探すようになります。

よく使う手が「家族が病気なんで早退します」みたいな(笑)

逆に歯医者さんとか、行きたくない(やりたくない)ことを目の前にすると、「お腹が痛い」とか「仕事が立て込んでるんで行かれません」とか、できない理由を探すようになります。

つまり、あなたができるかできないかは、あなたが決めているということなんですね。

 

勇気がない、経験がない、実績がない、時間がない、人脈がない、お金がない、あの人がまだ来ない、誰も声を掛けてくれないなどなど、できない理由をありったけ考えて、「自分ができないのは自分が悪いからではない」ということを正当化しようとしているんです。

もっともらしく聞こえますしねσ(^_^;)

でも、できてる人は、あなたができない理由を探しているのと同じ時間、やるための方法を考えています。

そして1つずつ行動してるんですね。

だからできるのです。

 

ということは、できる人と同じ思考で考えるようにすると、あなたは何でもできるようになれるんです(^^)

「できない理由を探すのではなく、やるための方法を探す」

これだけで人生変わると思いませんか?

関連記事

  1. 人間関係の改善をするための最も簡単な方法をお伝えしよう。

  2. 夢の叶え方。可能性ゼロにしていませんか?

  3. なりたい自分になるもっとも簡単な方法。

  4. 「また言い訳ですか?あなたの口からは言い訳しか出てこない!」…

  5. 人生は選択の連続!失敗しない方法についての話をしよう。