彼に「適当に扱われている」という女性へお話しよう。

「彼に適当に扱われていて、辛い。彼の気持ちを知りたい。」

というご相談をいただきました。

本当に「適当に扱われている」のであれば、「適切に、ちょうど良い具合に」扱われているということですので、彼は彼女のことをたまゃんと理解しいる、ということになります。

日本語とは難しく、「適当」という言葉には「適切に」という意味があるんですね。

決して「雑に、どうでもよいと思っている訳ではない」ということになります。

今回、鑑定を進めると、彼の気持ち的には飽きが感じられ、移り変わろうとしている気持ちが見えてきました。

つまり、「適切に」ではなく「雑に」なっていたんですね。

まぁ、彼女の相談内容からしても、分かっていたのですが、ちょっとだけ日本語のお勉強をしてみました(^◇^;)

ちなみに、よっぽどでない限り、僕からは「こうした方がよい」とはお伝えしないようにしています。

占いは判断材料に過ぎず、感情とはまた別なもの。

それに占いに頼り過ぎてしまうと、抜けられなくなってしまう方もみえるからです。

そして、未来は変えることができると思っていますから、自分に対してネガティブな結果が出たのでしたら、そうならないようにするための方法を一緒に考えていきましょう。

賢く占いを使うことで、未来は拓けていくと思います(^^)

関連記事

  1. 妹弟子とのセッションの結果は???

  2. 和尚禅タロットのテキストができました

  3. 妹弟子からのラブコールにタジタジになっている話をしよう。

  4. 「副業として占いを学ぶことはできますか?」というご質問にお答…

  5. 占いの結果を覚えていないことについての話をしよう

  6. 金運を運んでくれますように